トップ >  初心者の為の富裕層 >  富裕層向けの様々な金融商品

富裕層向けの様々な金融商品

<h3>ラップ口座とは

富裕層ビジネスを展開している金融商品は多くありますが、その中でも近年注目されている富裕層向けの商品として代表格なのがラップ口座でしょう。ラップ口座とはwrap、つまり包むという所にあります。預かった資産を包むように様々な資産運用で管理を行っていくというのがラップ口座です。つまり富裕層から預かった資産を一任して一つの口座で一括して管理や運用を行っていくといった口座です。ではどの様にして一括して資産運用を行っていくのでしょうか。

ラップ口座における投資一任契約


富裕層を限定とした金融商品のラップ口座は、投資一任契約となっています。ラップ口座における様々なサービスは包括的なサービス提供を行っています。富裕層から預かった資産の運用や管理、アドバイス、実際の投資による売買注文、もちろん口座の管理も行っていきます。この際、ラップ口座では投資商品による売買手数料を支払う必要はありません。これがラップ口座の特徴ともいえるでしょう。ラップ口座に預けている運用資産残高に応じて、手数料を支払っていきます。この手数料は各金融機関で違いがあります。

ラップ口座の人気


ラップ口座が日本で注目され始めたのはごく最近の事です。商品自体の提供は1999年からあったのですが、規制が大変多くなかなか手の出しにくい投資商品でありました。近年の様に注目を集め人気となり始めたきっかけは、やはり金融業会の規制緩和ではないでしょうか。2004年に証券取引法の改正が行われた事で、ラップ口座に関しての規制もかなり緩和された事で、近年ではラップ口座に意識を高めている人が急増しているのです。ちなみにアメリカでは、すでにラップ口座は普及しており、こういった面で日本は出遅れたと言えるでしょう。

ラップ口座の最低預入金額


ラップ口座は富裕層ビジネスと言われています。これは、ラップ口座の開設時の最低預入金額の高さにあります。ラップ口座の中では比較的定額と言われている、投資信託で運用するファンドラップでも最低預入金額は1000万円となっているところが殆どです。株式ラップ等になれば、最低でも5000万円以上の商品ばかりです。この最低金額の高さからもお分かりいただけるかと思いますが、ラップ口座は富裕層向けの金融商品といえるでしょう。

最低預入金額の引き下げ


ラップ口座の最低預入金額は最低でも1000万円かかると先述しましたが、ラップ口座が日本で販売された当初よりはかなり引き下げられています。さらにラップ口座の人気と注目度の高さを意識している、様々な金融機関では徐々にターゲットの幅を富裕層から、純富裕層にまで広げてきています。つまり最低預入金額の引き下げが徐々に始まっているのです。最近では、最低預入金額が500万円以上というラップ口座も登場しています。これは団塊の世代の退職金の取り込みを狙ってのビジネス展開と言われています。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする