トップ >  初心者の為の富裕層 >  注目されている富裕層向けのビジネス

注目されている富裕層向けのビジネス

急増する富裕層ビジネス


近年では富裕層をターゲットとしたビジネスが大変急増しています。また富裕層ビジネスに向けたセミナーも多く開催されている現状では、ますます富裕層をターゲットとしたビジネスは拡大を続けていく事が見込まれます。日本における純金融資産の2割もを人口比率で言えばわずかな人口の富裕層や超富裕層が占めている現状において、この富裕層向けのビジネスが急増しているのも頷けます。

幅広い富裕層向けビジネス


富裕層向けのビジネスは近年大変成長を遂げており、様々な分野で発展しています。富裕層向けのビジネスでの分野と言えば、自動車や旅行、不動産、ブランド商品といったものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。近年ではこういったありふれた分野だけでなく、様々な分野のビジネスが富裕層に向けて発信されています。医療などでも富裕層に向けたビジネスとして成り立っていくのですから驚きですね。いわゆるアンチエイジング、つまり若返り術が富裕層をターゲットとした医療となり様々な商品やサービスを提供しています。

富裕層ビジネスの歴史


日本国内での富裕層ビジネスは近年大変発展を遂げ、拡大を続けているビジネスといえるでしょう。実は日本では中国やアメリカ等と比べると、富裕層をターゲットにしたビジネスは。日本ではあまり展開のないものであったと言えます。むしろ殆ど富裕層ビジネスがない状態だったといってもよいかもしれません。では日本には富裕層がいなかったのかというとそうではなく、アメリカについで世界第二位を位置しているのが日本の富裕層なのです。今まで富裕層に向けてのビジネスがなかったことが実に不思議ともいえます。

超富裕層はビジネスターゲットになりうるか?


純金融資産が5億円以上の方たちを超富裕層というのですが、近年の富裕層をターゲットとしたビジネスは、意外にも純金融資産が1億円以上5億円未満の富裕層をターゲットに搾っているものが目立ちます。では超富裕層は富裕層ビジネスとして成り立っていかないと言う事なのでしょうか?純金融資産が1億円以上5億円未満の富裕層に関しては、ニューリッチといわれる層で、新たに資産の使い方や管理が定まっていない富裕層も多く、そこに的を絞ってビジネス展開を行っている企業が多く見受けられる傾向にあるのです。決して超富裕層がターゲットにならないと言うわけではなく、ビジネスの余地と機会が残っている富裕層に目を向けて富裕層ビジネスが展開しているのです。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする