トップ >  初心者の為の利回り >  公募地方債における応募者利回り

公募地方債における応募者利回り

応募者利回りとは何か


応募者利回りというものがあります。これは新発債を購入して最終償還日まで持っていたとしてその受取利息と償還差損益との合計額の比率です。元本に対して年率換算で何%になるかということです。この応募者利回りをまず確認しておくことが大事です。1年平均の応募者利回りを知れば、新しく発行された債券を購入してから途中で売らないで債券を保有したときの利回りを知ることになるのです。利回りの基本と言えるでしょう。債券を考える時に、最初に把握しておかなければならない数字となります。

応募者利回りの意味


この応募者利回りは、単利最終利回りと同じ考え方です。取得から償還までの全期間での利回りとなります。応募者利回りは、当該債券の利率に償還差損益を償還までの年で割った値に対する発行価格の割合として計算されます。ここでの利率は、額面100円あたりの1年間の利子です。

応募者利回りを計算する


応募者利回りの計算を考えてみます。この計算は覚えておくことをお勧めします。金融商品のパンフレットなどでは、応募者利回りが都合のいい数字になっていることがあります。ですから、できれば自分で計算してみることがよいでしょう。その計算方法です。応募者利回り=({1年あたりの受取利息+「額面-発行価格」÷年数}}÷購入価格)×100となります。1年あたりの受取利息とは1年あたりのインカムゲインです。また「額面-発行価格」÷年数は1年あたりのキャピタルゲインとなっています。これらの個別の数字についても注目しておくことが大事でしょう。

公募地方債における応募者利回り


最近注目を集めている債券の一つとして公募地方債というものがあります。国債に比べると期間が短く応募者利回りも高いものが多いからです。特に全国型ではなく小さい公募債は市場も小さいですがその利回りは顕著です。また、銀行預金などと比べると応募者利回りの数字で1桁違っているものまであります。人気を集めている商品です。購入単位は1万円からと小口で購入しやすくなっています。住民参加型の特色のつよい地域密着型投資といえるでしょう。地方債を購入すれば地域の整備と活性化に貢献できます。その上高利回りを手に入れることができるのです。一石二鳥でしょう。かなり優遇された応募者利回りの商品ですから、人気もあるため希望通りに購入できるとは限りません。市町村の広報や金融機関の情報をチェックしなければなりません。発行時期や条件などを、早めに確認しましょう。
提供:Wealth Research&Report


ヘッジファンド情報

スムージーにわざわざタクシーで通うセレブ妻たち

おすすめ:「美容の鬼」表参道のスムージーにわざわざタクシーで通うセレブ妻たち マックスマーラやドルチェ&ガッバーナ、ハリー・ウィンストンといったハイブランドの店舗が・・・

富裕層に嫁ぐ女性も通う『夜の花嫁修行』とは!?

おすすめ:富裕層に嫁ぐ女性も通う『夜の花嫁修行』とは!? 港区の白金エリアで、現在は休館中だが歴史的建造物である旧朝香宮邸が保存されている東京都・・・

年利36%「株主優待」になった「ふるさと納税」

おすすめ:年利36%「株主優待」に成り下がった「ふるさと納税」 「ふるさと納税」の制度の利用者数は今や全国で10万人を超えており、大金が動くという意味・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは