トップ >  初心者の為のインフレ >  日本インフレ史

日本インフレ史

日本におけるインフレの歴史


原油価格の上昇により、若干インフレのような状況になったが、日本ではそれ以前は長い間デフレーションに陥っていた。インフレーションがどういうものであるか、人々にどのような影響をもたらすものであるか。歴史をひもときながら説明する。

江戸時代のインフレ


日本で初めてのインフレーションは、徳川綱吉のときに勘定吟味役荻原重秀が、幕府の財政拡大による財政赤字増大と元禄・宝永の改鋳による金銀含有率の引き下げをおこなったことをきっかけに起こったとされる。このインフレは新井白石が幕府の歳出を減らし、正徳・享保の改鋳で金銀含有比率を慶長小判の水準に戻したことで抑制された。江戸時代末期には、外国における金銀交換比が日本と全く異なることにより、外国から銀を持ち込み小判(金)を買うだけで大もうけできるため、金が大量に海外流出し、物価が騰貴した。これによって江戸幕府崩壊が早まったともいわれる。

第二次世界大戦後のインフレ


第二次世界大戦終戦直後にもインフレーションが起こった。日本の借入金の総額は、第二次世界大戦の間には、国家の財政の9倍にも上り、戦時国債の個人購入および統制経済によって、資金は吸収され、戦時インフレを抑制していた。敗戦を迎えることにより、この抑制システムは崩れてしまい、インフレーションに陥ることになった。政府は、軍発注物質料金を一気に支払ったため、大幅に通貨は供給過剰となり、高い率のインフレーションになった。

復興インフレ


日本政府はこのインフレーションを抑えて物価を安定させるために、当初新円切替と預金封鎖を行い、通過が流通するのを減らすよう試みた。しかし、傾斜生産方式による復興政策が始まると復興金融金庫から鉄鋼産業と石炭産業に大量の資金が融資された結果、復興インフレが発生した。この後、経済は、不安定な状態となり、1945年の10月から、1949年の4月までの間に、なんと消費者物価指数は100倍にもなってしまった。

朝鮮特需、その後の緩やかなインフレ


アメリカから大統領特命公使として派遣されたジョゼフ・ドッジは、ドッジ・ラインと呼ばれる経済政策を行い、日本のインフレーションを収め、物価を安定することに成功させた。しかし、企業の倒産と失業者を増やすことになってしまった。朝鮮戦争の勃発による特需があり生産活動が活発化して景気が上昇し、緩やかなインフレに移行した。
オイルショックの一時的な急激なインフレ以外は、好ましいインフレが続いていた。その後、投機に支えられたバブル経済のもとで資産インフレが急激に進行した。三重野康総裁の指導下で日本銀行が1989年から金利を急激に引き締めたことに起因して資産インフレが終焉を迎え、1992年からは資産デフレが進行した。1990年代から、デフレに陥り続けた日本ですが、2007年ころから、物価は上昇傾向にある。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


インフレの関連記事

インフレに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする