トップ >  初心者の為のインフレ >  インフレと株価、景気

インフレと株価、景気

インフレと株価は連動しない


インフレと株価の関係を簡単に説明する。景気が良いと言う状態は企業の売上げ、利益が上昇していることである。、利益が上昇すれば賃金が高くなる。賃金が高くなるとたくさんお金を使っても良いと思う人が増えるので物価が上昇する。となればこれはインフレと言うことになる。しかし、株価がインフレは連動しているわけではない。インフレによる金利上昇との反連動により株価は下落する。金利が高ければ普通に預金すれば資産がふえるのでリスクを取らなくても資産が増やすことができるためである。

株式や不動産は有利か


以前、しばしば「インフレ時には株式や不動産が有利」と言われることがあったが、これは一概にそうであるとは言えないというのがよくわかる。金利を低く抑えたままでいてインフレ率以上に企業成長が大きくなれば、株式は有利だが、たとえば原材料価格の高騰によるインフレの場合では、企業成長は低く抑えられるので株式は不利である。不動産で言うならば企業成長率を賃貸料の上昇率に言い換えれば、同じ事が言える。

インフレの歴史


資本主義経済の歴史はインフレの歴史であるとまで言われていた時期があった。それくらい、資本主義国の経済にはインフレがつきものである。バブル崩壊以降日本は低成長デフレ時代に突入し、景気循環の一過性なデフレであるというにはあまりにも長すぎることから最近では資本主義経済=インフレという説は薄くなってきた。

リスクプレミアム


初めにも述べたように、インフレと株価の関係を考えると、仮に利益成長率がインフレ分だけ上昇しても金利も同じだけ上昇しているわけで、理論上株価は変わらないことになる。金利がインフレ率よりも上昇したり、リスクプレミアム(金融商品においてリスクに対して支払われる対価)が上昇したりすれば、株価はかえって下がることになる。つまり、インフレ時に株価が上がるか下がるかは、利益成長率と金利およびリスクプレミアムの力関係で決まる。この力関係は、理論的にはインフレの理由と経過によって変わる。インフレ率が高いと言って安易に株、不動産に手を出すのではなく、状況を冷静に把握することから始めるよう注意が必要だと思われる。

インフレヘッジ


インフレヘッジという言葉があるようにインフレ時には株は有利といわれているが、これには全く正しいこととは言えない。逆にデフレ時に日銀の金融政策でマネーサプライを増加させ、市場に資金が出回ると行き場のない大量の資金が株式市場に流入し、金融相場となる。これをいわゆる「不景気の株高」という。インフレとは逆の状況の方が株式が高くなる事もあるわけである。だからこそ動向をよく見ておくことが必要なわけだ。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


インフレの関連記事

インフレに関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする