トップ >  初心者の為の海外ファンド >  海外投資での損益を確定申告する事

海外投資での損益を確定申告する事

確定申告について

海外投資での損益を確定申告する事をお忘れではありませんか?今では、投資の手法として完全に確立した海外ファンドは、これからの未来においてとても有効な存在として世界中から注目されている存在となっていますが、最近では海外金融機関を、そのまま活用する事で投資をしている方も増えてきています。それを日本から行う個人の投資家の方が大半を占める形となっている傾向にあるのですが、しかしながらここで注意しなくてはならないことがあります。それは「確定申告」で、知らなかったでは済まされないこの確定申告についてご説明いたします。

確定申告を行う必要があるか?

まず、海外ファンドにおいて海外の直接投資法が、一般的になったことによって、とても簡単に取引ができるようになったことはいうまでもありませんが、しかしながら日本国内に居住している限りは、税制面では、日本の税法が適用されることになります。実は多くの方がここを見逃しているようで、つまり必ず確定申告を行う必要があります。ちょっとくらいいいだろうと、余裕を持たれている方が多いのですが、それは罰せられる行為となりますので、こういったトラブルは年々深刻化してきており、国が積極的に動いている現実がありますのでご注意下さい。

海外投資での損益を確定申告する

それでも確定申告と海外ファンドに接点はないと思っている方が相変わらず多いようなのですが、海外の口座であるから、確定申告をする必要がないと認識している方がいらっしゃるかもしれませんが、実はそこが問題なのです。つまり例え自身が知らずに行っていたとしても、海外投資での損益を確定申告しなければ、普通に脱税となってしまいますので、当然、これらはお金を扱ったものですから、知っていて当たり前のことだとみなされますのでちゃんと知っておく必要があります。

適切で確かな申告を!

次に、海外ファンドの税率についてなのですが、一体どのようになっているか不安に思っている方も少なくないかと思いますが、従来の株式などをはじめとした投資信託から得た利益は、20%の税率と決まっています。そして、海外投資から得た利益においても、それは同じとなっており、だからこそ確定申告時には、海外投資の株取引を含めて、適切で確かな申告を行わなければいけません。ただ取引だけに気を取られている方がいらっしゃるようですが、できる限り最低限の知識は身につけるようにしてください。

確定申告の存在

もちろん利益だけを誰もが考えて投資を行っているわけなのですが、確定申告の存在を忘れないようにしてください。税を納めるのはどこの国であっても同じことなので、だからこそ総合的に知識を持った投資家になるように心がけていただきたいものです。


提供:Wealth Research&Report


海外ファンドの関連記事

海外ファンドに関する記事

ヘッジファンド情報

INFORMATION

小佐野一族、巨額の相続資産めぐる争い

おすすめ:小佐野一族、巨額の相続資産めぐる争い 昭和の経済人・小佐野賢治氏の総資産は一時10兆円を超えるとも言われた。しかし、実は資産・・・

中国富裕層、カナダ投資移民制限も抜け穴探し移住

おすすめ:中国富裕層、カナダ投資移民制限も抜け穴探し移住 今年2月、カナダ政府は「投資移民プログラム」と「企業家移民プログラム」を廃止すると決定・・・

超富裕層の資産移転額が米GDPに匹敵

おすすめ:超富裕層の資産移転総額1600兆円、米GDPに匹敵(30年後) 資産総額30億円以上の超富裕層の欲しいものの一つに、投資ビザや第2市民権がある。 そ・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは