トップ >  初心者の為の空売り >  配当と空売りの関係

配当と空売りの関係

配当と空売りの関係


株を所有するということは配当や株主優待を受けることができます。これはメリットといえます。このメリットは株の保有数に応じた配当が配当確定日にもらえるということです。通常の取引であれば当然配当も株主優待もその権利があります。しかし信用取引である空売りではこの権利は与えられません。株の信用取引すなわち空売りは株を借りているため所有者ではないのです。配当等の権利は所有者のみに与えられるものだからです。

空売りの時の配当


空売りとは証券会社や個人から所有している株を借り受けて売却する仕組みです。株の返済期間までに買い戻して返却するということになります。売却時の株価と買い戻し時の株価の差額を利益として受け取るのです。株を売買しているのですが、その所有権は取引を行っている人にはありません。証券会社や個人になります。トレーダーが空売りを行う時は株式を借り受けているだけですので、配当の権利は与えられません。

空売りが配当確定日を過ぎると


空売りでは株式の配当を受け取る権利がありません。逆に配当確定日には配当金相当額を支払うことになります。支払う相手は借り受けている証券会社や個人です。ですから、空売りの場合は配当確定日が重要です。空売りのポジションを持つことがそのリスクがあるということです。実際は配当確定日とその実行日は異なります。そこで配当額に差が生じることもありますので後日調整となります。

空売りと信用買と配当の関係


前述しているように空売りの場合は配当金相当額を支払う義務があります。その逆の信用買では配当金相当額を受け取ることができます。信用取引を行う上では配当確定日に注意を払う必要があります。もちろんそのようなことを気にしたくなければ短期的なデイトレードという考えもあるでしょう。配当確定日をまたいで空売りはしないです。

空売りと配当落ちの関係


配当確定日を過ぎると株価の下落が一般的です。配当を確定させた後は株の売りが多くなるということです。これを見越して空売りを仕掛けるということもできます。大きな利益の可能性もあります。空売りの利益と配当金相当額との金額の差も見逃してはいけません。空売りを配当確定日をまたいだほうが利益として大きいこともありますから、そこはバランスよく考えましょう。一般には配当確定日に空売りポジションを持つことはおすすめできません。逆日歩という手数料が発生するからです。空売りの利益が逆日歩でマイナスになってしまうこともあるのです。この行為は投資家の間ではタブーとなっています。配当の権利が確定した時は空売りしてはいけないと認識しましょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする