トップ >  初心者の為のUBS >  UBSが抱える二つの異なるBANK

UBSが抱える二つの異なるBANK

日本におけるUBS銀行のポジション


日本において『銀行』と名乗ることが出来るのは、金融庁から許認可を得ている企業だけで、資産家が莫大な資金を元に預金業務や融資業務を勝手に行うことは法律で禁じられています。まずは銀行業の免許を得なければ銀行業務は行うことが出来ないのです。それは銀行が普遍性・公益性が高く預金者に安心を与え、金融市場を乱すことがない存在であるべきだからです。UBSは日本ではUBS銀行と言われていますが、ただ単にBANKを日本語に訳して呼んでいるわけではなく、銀行を名乗ってよいと金融庁のお墨付きをもらったからこう呼ばれているのです。

UBSの花形、UBSインベストメント・バンク


UBSグループは様々な部門を有しており、その中でもUBSの看板的な存在なのが投資銀行でしょう。投資銀行は、一般的な銀行と異なり預金業務だけでなく、預かった資金を元に積極的な投資を行うなど、商社に近い形態となっています。UBSの投資銀行部門が、『UBSインベストメント・バンク(UBS Investment Bank)』です。Investment=投資、Bank=銀行、で日本語ではUBS投資銀行と呼ばれているわけです。

UBSインベストメント・バンクって銀行なの?


このUBSインベストメント・バンクの行っている業務は一体どんなものなのでしょうか。UBSインベストメント・バンクのホームページ『UBS Investment Bank』を見てみると、企業を対象とした金融業務、株式や債券の発行引き受けなど通常の銀行業務を行っているようです。ただし、それだけでなく金融商品の開発、トレーディングリスク管理、テリバティブ等どちらかというと証券会社や投資顧問会社が行う業務も展開しています。Bankは日本語でも英語でも銀行を意味する単語ですが、UBSインベストメント・バンクの行っている業務は一般の銀行とは異なることが分かります。

UBSプライベートバンクとは


古くから銀行文化が根付くスイスでは、プライベートバンキングが盛んな国として有名です。本拠地をスイスにおくUBSグループですが、「UBS Private Bank」という銀行部門があるわけではありません。UBSにおけるプライベート・バンクとは、UBSが昔から得意としてきた富裕層を対象に行っている銀行サービスの事を指すのです。

UBSが誇るプライベートバンクの長い歴史


UBSは、スイスの超有名銀行であるスイス銀行(Swiss Bank Corporation)とユニオン・スイス銀行(Union Bank of Switzerland)が1998年に合併し生まれました。どちらも創業100年以上を誇る大手老舗銀行で、古くから富裕層を顧客とするプライベートバンク部門がありました。1998年に合併が行われた際もこの長い歴史を誇るプライベートバンク部門はそのまま姿を消すようなことはなく、今ではUBSの中核を担う主要部門として機能しています。プライベートバンキングを強みとする銀行文化が盛んなスイスに本拠地を置いているということで、世界中からUBS=プライベートバンクというイメージがもたれています。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


UBSの関連記事

UBSに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする