トップ >  初心者の為のUBS >  UBSにとっての経済アナリストの存在

UBSにとっての経済アナリストの存在

経済アナリストってどんな仕事?


テレビや経済紙などで「経済アナリスト」と呼ばれる人たちが経済に関しコメントをしているところを見かけることはありませんか?アナリストは分析者を意味し、経済アナリストは世界経済の動向やや各企業の信用状態などを分析している人たちのことを指します。テレビで活躍している経済アナリストはほんの一部で、それ以外のほとんどは表舞台に登場することはありません。では一体どこで活躍しているのかという疑問もわきますが、経済アナリストは主に情報収集を専門に行う情報分析会社、いわゆるシンクタンクの社員として就労しています。

アナリストは量より質


投資に限ったことではありませんがビジネスを行ううえで最も重要なことは、正確な情報をより早くより多く手に入れることです。そしてその情報の中から、何が必要で何が必要でないかを見極めるスキルが必要となります。企業としては、ライバル企業に差をつけるためにも、こういったスキルの高いアナリストをいかに揃えることができるかがポイントとなります。つまり量より質というわけです。

アナリストの存在


世界規模で最先端の金融ビジネスを進めるUBSも各部門で多くの質の高いアナリストを抱えており、それぞれの部門でアナリストの分析を参考にし投資や運用の決定が行われています。特に高度な金融技術を可能にするためIT部門に重点的にアナリストを配備しています。高いスキルを有する優秀なアナリストは、金融機関にとって世界を舞台に活躍するためにはなくてはならない存在と言えるでしょう。日本国内では、UBS証券のアナリストの分析・予想が証券市場で頻繁に取り上げられ大きな影響を与えています。

アナリストの目に映るUBS


多くの優秀なアナリストを抱え日々経済動向を分析するUBSも、他社のアナリスト達から同じように視線を向けられているわけです。他社のアナリスト達の目にはUBSはどのように映っているのでしょうか。アナリストの仕事はあらゆる可能性を考えそれらに優先順位を与えること。今回のサブプライムローン問題では、サブプライムショックが起こった2007年以前から、経済アナリスト達によってUBSは大きな注目を集めていました。というのもUBSがサブプライムローン関連の債券に多く投資をしていたためです。

アナリストによる企業評価


実際にサブプライムショックが起こってからは、UBSは立て続けに評価損を発表しています。多くのアナリスト達によるUBSの評価は厳しいもので、その評価自体がUBSの企業価値に大きく影響を与えているという指摘もあります。情報が命の経済市場はとかく評判に左右されがちです。この様にアナリスト達の存在が企業にとって痛手になる可能性もあるわけです。サブプライムショックでスイス二大銀行であるUBSとクレディスイスの経営破たんが囁かれた事もありましたが、その際スイス通貨であるスイスフランの価値下がりましたが経済アナリストの存在の影響が少なからずあったのでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


UBSの関連記事

UBSに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする