トップ >  初心者の為のUBS >  注目のUBS2007・2008年決算発表

注目のUBS2007・2008年決算発表

注目のUBSの決算発表は?


サブプライムショックによる多額の損失を計上し、スイス政府から公的注入を受けようやく落ち着きを見せるかと思ったところにアメリカ国内での脱税幇助事件発覚、一部業務停止処分。ここ数年を振り返ってみてみるとUBS関連のニュースは明るいものばかりではありませんでした。苦境に立たされる中でのUBSの決算発表は、例年以上に注目が集まるのは必至でしょう。UBSの決算時は年4回。通常であればここまで細かく発表する必要もありませんが、UBSのような大手金融機関・企業の場合は市場関係者の注目度が高いため、このように1年を4つの期間に分割し決算発表を行っています。

想定の範囲内?UBSの決算発表


悪いニュースばかりが続くUBSの注目の決算発表は、経済アナリストをはじめとする市場関係者の予想範囲内のものとなりました。懸念されていた新たな損失計上は特に見つからず、最悪の事態は脱したということになりました。サブプライムショック後の2008年8月のUBS第2四半期決算の損失は、事前の予想損失は2.81億スイスフランに対し、3.58億スイスフラン。中核的自己資本比率は11.6%となりました。こうしてみて見ると決算で発表された損失額は予想損失よりは多いものの、自己資本率は10%をキープしているところを見るととりあえず危機は回避できたことが分かると思います。

決算発表後のUBS


市場関係者はUBSの決算発表の結果は良くないものと予想していたため、予想よりは良好な状況に、決算発表後UBSの株式の買い注文がニューヨーク・東京の両証券市場で集まりました。とりあえず底値を打ち以降は経営状態は好転するのではという期待感から集まった買い注文に、UBSとUBSの株主はほっと一安心といったところでしょう。合併前をあわせると100年以上の歴史を誇るスイスの超老舗名門銀行UBSは、サブプライムショック以前は企業評価ランキングの上位常連でもありましたし、ネームバリューのある優良企業でした。これだけ悪いニュースが続いても株価は予想より下がらなかったのはひとえにUBSの底力のおかげでしょう。

2007年・2008年の決算発表


先ほどの2008年の決算発表はサブプライムショックから1年経ったせいもあり比較的落ち着きをみせた結果となりましたが、サブプライムショックが起こった2007年のUBSの決算は目も当てられませんでした。市場予想を大きく上回る巨額の損失を計上し、第二のリーマン・ブラザーズになるのではという危機説も囁かれました。現在でもその可能性が100%ない、とは言い切れませんが1年前に比べると大分薄れてきたといっても良いでしょう。それにしても今回の騒動で、市場の熱しやすく冷めやすい体質がより鮮明になった感が否めませんね。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


UBSの関連記事

UBSに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする