トップ >  初心者の為のUBS >  UBSの前身はあの「スイス銀行」

UBSの前身はあの「スイス銀行」

あの「スイス銀行」は存在する?


数々のサスペンスフィクションの映画やドラマ、小説などで登場する「スイス銀行」。巨額の取引を行う際、"支払いはスイス銀行の口座に~~振り込め"などといったシーンを見たことがある人は少なくないと思います。プライベートバンクのメッカであるスイスには、こういったメディアの影響で、表に出ることのない闇マネーが世界中から集まっているというイメージが一人歩きしていると思いますが、実はこの「スイス銀行」、実際にスイスに存在する銀行なのです。

「スイス銀行」は存在した


正確に言うとスイス銀行は"存在した"、と過去形になります。それも1998年までという事ですから、ごくごく最近までのこと。その名も「スイス銀行コーポレーション」という銀行で、1856年スイスで創業しました。つまり150年以上の歴史を誇る超老舗名門銀行なのです。ですが、1998年まで存在していた「スイス銀行コーポレーション」を現在探そうと思っても見つけることはできません。この歴史ある老舗銀行は一体どこに行ってしまったのでしょうか。

UBS AGとして生まれ変わったスイス銀行


創業150年以上を誇るスイス銀行は、1998年歴史からその名を消すことになりますがこれは破綻をしたため銀行そのものが無くなったというわけではありません。1998年、同じくスイスの大手銀行スイス・ユニオン銀行と合併し、新しくUBS AGとして生まれ変わったのです。老舗銀行と大手銀行が手を組むことによりスイス最大の銀行が誕生したのです。UBS AGは、SGウォーバーグやディロン・リード、ペインウェバーなど欧米の超大手名門金融機関と次々と合併を繰り返し、現在のようなUBS AGの姿となりました。

UBS AGはスイスの銀行?


スイスを代表する二つの超名門銀行、スイス銀行とユニオン・スイス銀行が手を取り合い短銃王したUBS AGは、スイス銀行の本拠地であったチューリッヒとユニオン・スイス銀行の本拠地であったバーゼルに、拠点を置いて活動しているスイスの企業です。しかし、欧米の大手金融機関と合併を繰り返し企業はグローバル化を極め、スイス生まれで、本拠地もスイスにありながら社員を見てみるとアメリカ人やイギリス人が圧倒的に多くなっています。また、世界経済市場の中心の一つであるロンドン・ニューヨークの企業と勘違いしている人も少なくないでしょう。UBS AGが最も得意としているのは、プライベートバンキングです。世界の富裕層と呼ばれる資産家を対象とした、質の高いサービスはUBS AGの最大の魅力とも言えます。グローバル化が進んでいるとは言え、このあたりはさすがスイス生まれの企業であると言えるでしょう。


提供:Wealth Research&Report


UBSの関連記事

UBSに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする