トップ >  初心者の為のUBS >  UBSの看板、UBSアセット

UBSの看板、UBSアセット

UBS銀行資産運用部門・UBSアセット


UBS銀行は、ヨーロッパ最大クラスの銀行であり、世界金融市場の第一線で活躍するスイス生まれの名門銀行です。UBSグループ全体でみると、投資銀行部門・資産運用部門など様々な部門を有しいずれも世界最大級の規模となっています。UBSに限ったことではありませんが、現在の銀行の収益の大部分は投資や資産運用で賄っているという状態にあり、時代の流れに敏感な銀行ほど資産運用部門を重視する傾向にあります。UBS銀行の資産運用部門を担当しているのは「UBSグローバル・アセット・マネジメント・グループ」で、一般的には「UBSアセット」という名称で親しまれています。

UBSアセットってどんな企業?


親会社であるUBS銀行同様、ヨーロッパ金融市場の中心地スイスに本拠地を置くUBSアセット。一応本拠地はスイスという事になっていますが、世界各地に拠点を置きそれぞれで活躍しているためどこが本拠地であるかはあまり問題ではありません。日本では、日本法人「UBSグローバル・アセット・マネジメント株式会社」が設立されています。2002年のデータを見てみると、UBSグループ全体の資産運用額は約4030億ドル、円換算すると実に40兆円にものぼります。世界33カ国に拠点を置き、抱える従業員数は3300人。資産運用会社は少数精鋭が基本。これらの数字は世界最大規模といっても間違いないでしょう。

UBSアセットの投資スタイル


投資を行う際にどうしても逃れることが出来ないのがリスクでしょう。より大きな利益を求めるにはそれ相応のリスクが付きまといます。結果大きな利益を得ることもあれば、莫大な損失を出してしまうことが出来ます。徹底したリスク管理の下こういった結果がでるならそれは仕方ありませんが、リスク管理をせず行き当たりばったりの運任せの投資を行うようであれば、それは投資ではなくギャンブルです。そこであらゆる投資において、リスク管理を行うことが安定した資産運用を進めるためには欠かせないことなのです。リスク管理の一つの手法として代表的なものが分散投資でしょう。世界中には数多くの投資対象が存在します。リスクを軽減するために、特定の銘柄に集中することなく、様々な対象に分散して投資を行うという手法です。これにより、いずれかの投資対象が値を下げても他の投資対象で損失分を補うことができるだめリスク管理としては非常に有効な手段と言えます。この分散投資を初めて行い現在でもリスク管理の手段の一つとして用いているのがUBSアセットなのです。

ファンダメンタルズを重視した投資スタイル


UBSアセットの投資スタイルのもう一つの大きな特徴は、ファンダメンタルズに重点を置いているというところでしょう。ファンダメンタルズは、世界各国の経済活動の状況を表す基礎的要因で「経済の基礎的条件」と訳されます。チャート分析を投資に用いることをテクニカルといいますが、各国の物価上昇率や国内総生産の成長率、失業率などをテクニカルよりも長期的に分析するもので、UBSアセットではこのファンダメンタルズを重視することでより安定した投資を目指すあたり、いかにもスイスらしい銀行であるといえます。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


UBSの関連記事

UBSに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする