トップ >  初心者の為のUBS >  より大きな企業へ、UBSのグローバル戦略

より大きな企業へ、UBSのグローバル戦略

スイスの銀行の体質


UBSの生まれ故郷は、ヨーロッパ金融界の中心地であるスイスです。本拠地はスイスのバーゼルとチューリッヒの二箇所。一般的には企業の本社は一箇所にあるのが普通ですが、UBSはもともとスイス銀行コーポレーション(本拠地:バーゼル)とユニオン・スイス銀行(本拠地:チューリッヒ)が1998年に合併したため、現在のような形態をとることとなりました。スイスというと銀行業務が、中でもプライベートバンキングが有名ですが、こういったプライベートバンクの業務をグローバル化させるということは通常ありません。スイスの数あるプライベートバンクの中には、世界のほんの一握りの大富豪一族のみしか顧客に抱えず、それ以外は口座開設の機会すら得られないという事も少なくありません。。

グローバル化路線を進めるUBS


一方、UBSの前身であるスイス銀行コーポレーション、ユニオン・スイス銀行ともに非常に先進的な大手銀行であったため、業務の拡大を図り1998年に合併しUBSが誕生し、さらにイギリスやアメリカの金融機関と次々と買収・合併を繰り返し、UBSのグローバル化を計りました。プライベートバンクのメッカであるスイスでは非常に珍しいケースと言っても過言ではないでしょう。

スイスが世界に誇る二大銀行、UBSとクレディスイス


UBSと双璧をなすスイスの大手銀行、クレディスイスもUBS同様グローバル化路線を推し進めている銀行です。1856年創業という非常に長い歴史を持ちながら、UBSのように世界各国の金融機関の買収に非常に意欲的で、豊富な資金力でアメリカの大手投資銀行ファーストボストンを買収したことで有名です。UBSよりさらにグローバル展開に重点を置いており、その点は投資スタイルでも伺うことができます。日本において日経先物の仕掛け的な売買を繰り返し、そのたびに動向が注目されています。安全重視のUBSとはこういった点で異なる銀行といえます。

UBSグローバル・アセット・マネジメントの役割


グローバル化を進めるUBSには投資銀行部門・資産運用部門など様々な部門がありいずれも世界最大規模を誇っています。資産運用部門で中核を担っているのが、UBSの子会社「UBSグローバル・アセット・マネジメント」通称「UBSアセット」です。UBSアセットは母体であるUBSのドル箱的な存在であり非常に大きな収益を上げている部門ですが、その一方で先日のサブプライムローン問題で莫大な損失を出すなど、リスク面が高い企業でもあります。UBSがUBSであるために無くてはならない中枢企業ではありますが、必ずしも有益ばかりをもたらす存在ではないというのがUBSにおける「UBSグローバル・アセット・マネジメント」の位置づけといえるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


UBSの関連記事

UBSに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする