トップ >  初心者の為のブラックカード >  VISAのブラックカード情報

VISAのブラックカード情報

VISAのブラックカードの存在

VISAのブラックカード情報についてご説明いたしますが、そもそもブラックカードとは、クレジットカードの最高峰といわれており、今では世の中の誰もが憧れるアイテムの一つとなっています。ブラックカードといってまず名前があがるのは、アメックスやダイナースクラブなのですが、クレジットカードでは、日本でもお馴染みの「VISAカード」にもブラックカードと呼ばれるクレジットカードが存在しているのをご存知でしたでしょうか。しかしながら、日本では多少情報が混在しているため、ここでご説明したいと思います。

日本では存在しない?!

実は、VISAのブラックカードは、厳密にいうと、日本では存在しておらず、VISA Platinumの上位カードとしてVISA SignatureとVISA Infiniteの2つのブラックカードが日本国外で発行されています。なので、これらのカードを海外で発行されているVISAブラックカードを取得しようと考えるならば、アメリカ国内やシンガポール、或いは、台湾などにてクレジットカードの履歴を築く必要があります。これはもちろん容易ではないことで、では日本国内でVISAのブラックカードを持つことは不可能であるか、ということについてなのですが、VISAカードのプレミアムカードは、黒を基調としたデザインであることから、俗に呼ばれるブラックカードと同じ意味で扱われることもあるそうです。

旅行者にも活用できるサービス

そして、VISAカードのブラックカード級のクレジットカードとして、しばしば認識されるVISAプラチナカードのサービスを、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードや、ダイナースのダイナースクラブプレミアムカードなどの、一般的なブラックカードのサービスと比べた場合には、やはり引けをとる面も目立ってしまいます。ブラックカードの特典であるコンシェルジュサービスといわれる365日24時間年中無休で、電話応対が可能な個人秘書並の窓口は設けられている点は注目したいところで、日本国内からはもちろんのこと、海外からのコレクトコールも対応していますから、旅行者にも活用できるサービスですのでとても便利ですよね。

VISAのプラチナカード

またその他にも、VISAのブラックカードと呼ばれている、「プラチナカード」の注目すべき特典は数多く存在しており、たとえば、他のブラックカードと同じく、VISAプラチナカードでも国内外を問いません。なので、一流ホテル、有名レストラン、名門ゴルフ場との提携も充実していて、海外航空券もブラックカード会員価格で購入することができ、エアラインの頻繁利用に役立ちます。そして、これら全てのサービスは、コンシェルジュホットラインの名で設置されている電話窓口にて、電話一本で用件が済む利便性を誇っており、一般的な他のブラックカードのようなサービスを、VISAのプラチナカードでも受けることができるのです。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする