トップ >  初心者の為のブラックカード >  ブラックカードを得るにはどの程度の年収が必要なのか?

ブラックカードを得るにはどの程度の年収が必要なのか?

年収との兼ね合い

ブラックカードを得るにはどの程度の年収が必要なのか、についてご説明いたしますが、クレジットカード会社が発行しているブラックカラーの、カードの総称である、「ブラックカード」は、単なるクレジットカードではありません。ブラックカードの保有者は、まるで個人秘書を雇っているかのような便利な、「24時間対応のコンシェルジュサービス」など、特典を受けることができ、人々の羨望の眼差しを受ける特権の象徴を手に入れることができます。これほど気高い「ブラックカード」を得るには、やはりまず年収との兼ね合いを算段するのが当然なことで、もちろん年収が高くないと、ブラックカードの高い年会費すら払い続けることができないと言われています。

招待を受ける

そもそもブラックカードは、原則としてクレジットカード会社が発行する上級クレジットカード保持者の中から選ばれた方のみとなっていて、インビテーションである招待を受けなければなりません。なので申し込みは一切受け付けておらず、年収やクレジットカードの利用実績から、ブラックカードのインビテーションである招待制が選ばれるのですが、しかしこういった基準は、ほとんどのクレジットカード会社は明確にしていません。

年収1,500万円以上

そして、ブラックカードを取得するためには、どの程度の年収が必要であるのか、ある程度のボーダーラインを知っておきたいところなのですが、もちろん年収が高ければ高いほどブラックカード保持者に近くなるのは当たり前のことです。あまりにも存在がありすぎているイメージのあるブラックカードは、相当な年収がなければ取得することは不可能という偏見を呼んでいるのですが、実は一般的な想像よりも低いといわれています。たとえば、日本国内のブラックカードと呼ばれる「JCBのザ・クラス」では、年収1,500万円以上が条件とされているようです。

年収1,000万円が最低のボーダーライン

まず、ブラックカードのインビテーションである招待を受けるには、年収1,000万円が最低のボーダーラインだろうといわれているのですが、よく年収が数百万円でも取得ができたという声もあがっているようです。これは、全くの偽りというわけではなく、その理由には、社会的地位が高くて、勤務会社の規模が大きくて、自分の家を保有しているなど財産状況が特に優れていることによって、年収は不問となるような場合もあるといわれています。しかしながら、かなり余裕のある年収でないといけないのですが、例えばアメリカンエキスプレスが発行している「アメリカンエキスプレスセンチュリオンカード」は、年会費が30万円以上もすると巷ではうわさになっていますので、ブラックカードを保持するだけでも、困難であることはお分かりいただけるかと思います。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする