トップ >  初心者の為のブラックカード >  ブラックカードを取得する条件とは?

ブラックカードを取得する条件とは?

ブラックカードを取得

ブラックカードを取得する条件とは、一体どのような条件なのでしょうか。ブラックカードを取得する条件について、まず知っておかなければいけないことは、ブラックカードがどのようなクレジットカードであるか理解しておく必要があるかと思います。そもそもブラックカードは、単なるクレジットカードではなくて、インビテーションである招待されるのみ取得が可能となっています。また、その条件については、一切公表されておらず、24時間対応のコンシェルジュサービスを受けることができ、まるで個人秘書を雇うかのような便利さを誇っていると言われています。このような取得の厳しさから、羨望の眼差しを受ける特権の象徴でもあるのですが、ブラックカードを取得する条件の情報が巷では飛び交っているのが現状です。ブラックカードは、もちろん簡単に手にすることはできませんので、ブラックカードの条件をなるべく正確に分析することが大事なポイントとなってきます。

取得する条件

まず、ブラックカードを取得する条件として、原則としては、クレジットカード会社から一切公表されておらず、そのため、ブラックカードの取得者からの情報を取りまとめて、且つなるべく最新の情報を知ることが、流動的に審査条件をパスする近道かと思います。まずは、年収条件についてご説明いたhしますが、単純に言うと、ブラックカードの年会費は、たとえばアメリカンエキスプレスが発行している「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」は、年会費が30万円以上もすると言われているため、高い年収がないと保有することが困難だと言うことはお分かりいただけるかとお思います。また、日本国内ブランドのブラックカードと呼ばれている「JCBのザ・クラス」では、年収1,500万円以上が条件とされていて、他のブラックカードについても招待を受けるまでには、少なくとも年収1,000万円が最低の条件だと言われています。

資産状況

次に、ブラックカードの条件として重要なのが、資産状況なのですが、年収に少し不安があっても、厚い資産背景があることによって、ブラックカードの条件を満たすことができます。たとえば、自分の家を保有していることや、不動産資産を持っている、高い預金残高があるなど、他の条件を余って補える資産があることによって、ブラックカードのインビテーションである招待を受けられるのではないでしょうか。

取得する条件を満たす材料

最後に、ブラックカードとは一般的に、クレジットカード会社が発行している上級クレジットカード保持者の中から選ばれるという条件があるのですが、ゴールドカードなどのクレジットカードの利用実績も大いに重要なポイントとなります。また、勤務会社の規模が大きいことであるとか、社会的ステータスが高いであるなどの場合も、ブラックカードを取得する条件を満たす材料としてプラスになりますので、ブラックカードをゲットされたい方は、こういうところをまず見極めるようにする必要があります。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする