トップ >  初心者の為のブラックカード >  ブラックカードの基本的な情報

ブラックカードの基本的な情報

黒色のカード

ブラックカードの基本的な情報についてここでご説明したいと思います。そもそもブラックカードとは、クレジットカード会社が発行するブラックカラーのカードの総称なのですが、アメリカンエキスプレスが発行している、「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」などが一般的に有名です。また、ブラックカードは、単なるクレジットカードではなくて、24時間対応のコンシェルジュサービスを受けることができ、これはまるで個人秘書を雇っているかのような気分になり、ブラックカードを得る条件の厳しさから、羨望の眼差しを受ける特権の象徴となっています。ブラックカードの取得方法が情報過多である現状となっていますが、ブラックカードは、容易に取得できるものではありません。

ブラックカードの招待制

また、ブラックカードは一般的に、自ら申し込むことが一切できません。これはクレジットカード会社からのインビテーションである招待を受けた方のみ、ブラックカードを保持することが可能と言われています。クレジットカード会社が上級クレジットカード保持者の中から、独自の選定基準によって候補者が選び抜かれ、晴れてブラックカードの保持者となりわけですが、この招待の基準は一切公開されていないため、ブラックカードの発行が開始された1999年から、インターネット上などでさまざま経験談や情報が飛び交ってるのが現状です。

ブラックカードの選定基準は明確でない

その上、ブラックカードの選定基準は明確となっていません。なので、取得方法を知りたがる方々は多くいるようで、そのため、巷にはさまざまな噂や、憶測が飛び交っており、ブラックカードの取得方法についての情報は情報商材として販売されているのはご存知でしょうか。よく耳にするのは、短日数でのブラックカードが取得できる方法で、平均的なブラックカードの取得方法の情報商材は、テキストファイルとなっており、価格は数万円単位で、期間は6ヶ月から1年ほどが目安とされてはいるのですが、やはり真意のほどと信頼性は明確ではありませんのであまりおすすめいたしません。

利用実績を重ねること

しかしながら、最近では世界的な経済恐慌が懸念されていて、日本では既にブラックカードの会員数もある程度確保できているとされているようです。なので、あらゆる所に出回るブラックカードを取得する方法の噂も、過去のものであればあるほど、あらゆる現状が変化しているため、必ずしもそれが適切だとは限りませんのでご注意下さい。そもそもブラックカードには、時代の流れに沿った取得方法があり、資産や収入を証明するものは、ブラックカードを欲するクラスの方が努力すれば自ずと上昇していくものだす。ここで思うのは、やはり利用実績を重ねることが確実なブラックカードを取得する方法と考えられますが、利用の頻度を上げることはなかなか難しいかと思いますので、まずは意識を集中させることがブラックカードを取得する最大の近道と言えるのではないでしょうか。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする