トップ >  初心者の為のブラックカード >  年会費が高いブラックカードについて

年会費が高いブラックカードについて

高い年会費

年会費が高いブラックカードについてご説明いたしますので是非参考にされてみてください。クレジットカード会社が発行しているブラックカラーのカードの総称である、「ブラックカード」は、単なるクレジットカードではなく、これを持っている方は、まるで個人秘書を雇うかのようなサービスを受けられる、24時間対応のコンシェルジュサービスなど、の特典を受けることができ、人々の羨望の眼差しを受ける特権の象徴にもなっています。そして、このようなサービスを受けられるブラックカードの年会費は、他のクレジットカードよりも高額なのは当然のことでしょう。

年会費は差異がある

また、一口にブラックカードといっても、そんなに多く存在するわけではありませんが、ブラックカードを提供しているクレジットカード会社はいくつかあり、各ブラックカードによって、その年会費には違いがありますので、ここでご紹介していきたいと思いますので、年会費の比較の参考にされてみて下さい。同様にクレジットカード会社のブラックカード発行される国によっても、年会費と受けられるサービスは違ってくるのでご注意ください。

日本国内会社の年会費

日本国内会社で発行されている、VISAやJCBなどのクレジットカード会社でも、ブラックカードと呼ばれるクレジットカードがありますが、海外の有名なブラックカードと比較してみて、サービスの規模はどうしても見劣りするかも知れないのですが、十分に充実したものといえるのではないでしょうか。これらのブラックカードの年会費は、約52,500円が代表的な金額となっています。

アメックスブラックカードの年会費

また、ブラックカードといって最も有名なのは、アメリカンエキスプレスが発行するしている「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」なのですが、先ほども記述している通り、国によって年会費が違って、例えばアメリカでは、2,500ドルと日本円にして約30万円近い高額な年会費に対して、日本では最近まで、約168,000円と半額近い年会費だったと言われています。しかしながら、2008年の4月から、日本でのブラックカードの年会費は、何と!367,500円と倍以上に跳ね上がったと言われているので驚きです。

年会費の値上げ

そして、このブラックカードの年会費というは、一般的な金銭感覚から考えるとかなり高額になってしまいますが、センチュリオン保持者であるならば、このぐらいの年会費でヒーヒー言う事はありません。最近では、このブラックカードの特典に対してやや不満の声も目立ち始めたことから、アメックスが更なるサービスの向上と、真のセレブたちだけに味わってもらえるサービスを追加した事から、年会費をあげたのではないか?ともいわれています。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする