トップ >  初心者の為のブラックカード >  アメックスとダイナース・ブラックカードの比較

アメックスとダイナース・ブラックカードの比較

ブラックカード

アメックスとダイナース・ブラックカードの比較についてご説明いたしますが、ブラックカードといっても、そんなに多く存在するわけではありませんが、いくつかブラックカードを提供しているクレジットカード会社があります。例えば最も代表的であるアメリカンエキスプレスが発行している「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」だけではなくて、同様にブラックカードといって呼び声高いと言われている、「ダイナースクラブプレミアカード」も有名で、これらはしばしば比較されることもあります。なので、ここでは存在しているブラックカードを比較してみたいと思います。

アメックスVSダイナース

これらの通り、「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」と「ダイナースクラブプレミアカード」がブラックカードの代表的な二枚となっていますが、比較例として多く情報が飛び交じっています。この2枚のブラックカードを単純に受けられるサービスだけで比較すれば、航空券やホテルの客室のアップグレードやレストランでの急な予約、「VIP」待遇などはレベルが付けがたいところなのですが、ダイナースは、サービスの過剰付加をなくして年会費の削減などに重点を置いており、アメリカンエキスプレスは、充実した提携先を伸ばしており、それぞれに特徴があります。しかし、アメリカンエキスプレスのブラックカードは、今や結構なメンバーを獲得していると噂されていますが、ダイナースのブラックカードは、保有者が極端に少ないなどといった対照的な一面もあり、このような点では比較することができます。

その他のカードとの比較

また、ブラックカードを発行しているクレジットカード会社は、アメックスとダイナースだけではありません。例えば、JCBやVISAなどの会社にもそれぞれブラックカードと呼ばれるプレミアムカードが存在しているのですが、ブラックカードは、自分から申し込みすることは一切不可能となっており、各クレジットカード会社が、上級カード保持者の中からインビテーションである、招待によってのみ取得が可能となっています。これはほとんどのブラックカードを比較しても同様の条件となっていて、審査基準などは一切公表されておらず、狙って取得することが困難であることから、インターネット上などでは、さまざまな取得方法の噂や、情報商材が飛び交っているのが現状です。また、どのブラックカードも利用可能額の制限を設けてはいないと言われています。

海外でのブラックカード

そして、ブラックカードを海外で比較してみると、また違った面も見えてくるかと思います。例えば単純なことから、アメリカンエキスプレスのブラックカードは、イギリスだけデザインが違っているなどのようなことから、受けられるコンシェルジュサービスや特典も日本であるものもあれば、そうでないものもありそういった点で比較することができます。
提供:Wealth Research&Report


ヘッジファンド情報

本田ノートと富裕層のノートは似ている

おすすめ:本田ノートと富裕層のノートは似ている サッカーW杯ブラジル大会の開幕(日本時間13日)直前に控え日本代表の活躍に注目が集まる・・・

中国富裕層、カナダ投資移民制限も抜け穴探し移住

おすすめ:中国富裕層、カナダ投資移民制限も抜け穴探し移住 今年2月、カナダ政府は「投資移民プログラム」と「企業家移民プログラム」を廃止すると決定・・・

ヘッジファンド報酬ランキング、テッパー氏2連覇

おすすめ:ヘッジファンド報酬ランキング、テッパー氏が2年連続3度目 ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが、アブソリュートリターン+から・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは