トップ >  初心者の為のブラックカード >  三井住友(VISA)のブラックカードについて

三井住友(VISA)のブラックカードについて

三井住友(VISA)について

三井住友(VISA)のブラックカードについてご説明いたしますが、三井住友のクレジットカードといえば、コマーシャル広告などでも馴染み深い、「三井住友VISAカード」ではないでしょうか。そしてこの三井住友VISAカードにも、ブラックカードと呼ばれるプレミアムランクのクレジットカードがあることをご存知でしたでしょうか。ブラックカードとは、クレジットカード会社が発行している、ブラックカラーのカードの総称で、代表的なブラックカードとしてアメリカンエキスプレスが発行している「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」や、ダイナースが発行している「ダイナースクラブプレミアカード」などがとても有名です。

三井住友のブラックカード

また、日本ではVISAカードのブラックカード情報が、曖昧に混在しているのですが、三井住友のブラックカードの情報をインターネット上などで探してみても、はっきりとした明確な情報はなかなか手に入りにくいのが現状です。そして、海外のVISAカードでは、2種類のブラックカードが発行されているのですが、これを厳密に言ってみると、実は三井住友にブラックカードはありません。三井住友VISAカードの三井住友VISAプラチナカードは、ブラックカラーを基調としたデザインであることから、ブラックカードと同様の意味で扱われることもあるようです。

三井住友VISAプラチナカード

そして、ブラックカードの一つとして数えられる、「三井住友VISAプラチナカード」は、原則として、三井住友VISAゴールドカードの保有者の中から選ばれた方のみとなっており、インビテーションである招待を受けることができます。また、例外として、三井住友VISAゴールドカードを1年以上保有して、満35歳以上である方は、これを申し込みを行うこともできるのですが、いずれにしても、三井住友VISAプラチナカードは、日本国内最高ランクのブラックカードと呼ばれているぐらいなので、よほど高い地位でない限りは、取得は難しいと考えてみてもよさそうです。

その他のサービス

なお、三井住友のブラックカードと呼ばれている、「三井住友VISAプラチナカード」の注目すべき特典は数多くあるのですが、これは他のブラックカードと同様で、三井住友VISAプラチナカードでも国内外を問いません。世界80ヵ国に245の空港ある450の空港ラウンジを無料で利用することが可能です。もちろんファミリーメンバーも同じで、他に注目すべきサービスと言えば、三井住友のブラックカード保有者は、医学会の各専門分野を代表する医大の教授で組織されている、「総合相談医」が症状に合わせた優秀専門医の紹介を受けることができます。これらのように三井住友のブラックカードのサービスは、コンシェルジュサービスと呼ばれる電話窓口に電話一つ入れるだけで、すぐに対応を受けられるというすばらしいサービスを受けることができます。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする