トップ >  初心者の為のブラックカード >  ブラックカード同様であるプラチナカードのサービス

ブラックカード同様であるプラチナカードのサービス

プラチナカード

ブラックカード同様であるプラチナカードのサービスについてご紹介いたしますので是非参考にされてみてください。クレジットカードにおける最高のステータスというのは、俗にブラックカードやプラチナカードと呼ばれているような、ただ単純にクレジットカード機能を果たすだけにとどまらず、多大な特典を受けることができることではないでしょうか。例えばアメリカンエキスプレスが発行している、「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」は、主にブラックマットを基調にデザインされたブラックカードなっており、クレジットカード会社によってさまざまなデザインが施されたプラチナカードは、ブラックカードと呼ばれていることもあるのですが、それはあくまで総称であり、各カードには正式名称がそれぞれついています。

ブラックカードを取得するには?

そして、ブラックカードを取得するには、原則として、クレジットカード会社が発行している、プラチナカードなどの上級クレジットカードの保有者の中から選ばれた方のみ、インビテーションである招待を受けることができるのですが、会社によってはプラチナカードがブラックカードランクに属する場合もあります。なので、ブラックカードを取得するには、まずプラチナカードを取得する必要があって、プラチナカードの利用実績を積み重ねることが確実にブラックカードを取得できる最大の近道だと思います。しかしながら、ブラックカードのインビテーションである招待を受けるには、年収や資産状況、社会的ステータスや勤務先会社の規模なども審査基準になります。

ブラックカードとプラチナカード

また、ブラックカードといってまず有名なのは、アメリカンエキスプレスが発行している「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」とダイナースが発行している、「ダイナースクラブプレミアカード」なのですが、日本国内で取得できるとはいえどちらも海外のブランドで、日本国内ブランドでも広義にブラックカードと呼ばれるクレジットカードを発行している会社があります。それは、「JCBのザ・クラス」と、「三井住友VISAプラチナカード」なのですが、これは他のブラックカードと比べても、例えば三井住友VISAプラチナカードは年会費が、約52,500円とリーズナブルとなっています。

VISAのプラチナカード

そもそも、「三井住友VISAプラチナカード」は、「アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード」と「ダイナースクラブプレミアカード」などのブラックカードに比べて年会費が安くなっているのが特徴なのですが、受けられる特典が物足りないものなのでは?と言われてみると、一概にそうとも言い切れません。実は、「三井住友VISAプラチナカード」でも他のブラックカードと同様で、提携先は国内外を問いません。ですので、世界80ヵ国245空港にある450の空港ラウンジを無料で利用することが可能で、優秀専門医の紹介を受けることができますので持っていて便利だと思います。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする