トップ >  初心者の為のブラックカード >  信頼を得た「選ばれし者」のブラックカード

信頼を得た「選ばれし者」のブラックカード

セレブレティなクレジットカード

信頼を得た「選ばれし者」のブラックカードと言えば、よく耳にするアメリカンエキスプレス(アメックス)のブラックカードことを思い浮かべる方が多いかと思います。しかし!ダイナースのブラックカードも忘れてはいけない存在となっているのですが、ダイナースのブラックカードも、アメックス同様、信頼を得た選ばれし者の象徴となっています。もちろん、希少価値の高さも折り紙付きで、多くの方々の羨望の眼差しを受ける、最高峰のセレブレティなクレジットカードとなっています。

ダイナースのブラックカードの正式名称

そもそもダイナースのブラックカードの正式名称は、ダイナースクラブプレミアムカードと言うのですが、ダイナースシルバーカードの上位に位置されるプレミアムなブラックカードで知られているカードです。このブラックカードを取得するには、まずダイナースクラブカードであるシルバーカードを取得する必要があります。また、ダイナースクラブカードは、年会費が15,750円となっており、利用限度額に一切の制限を設けおらず、最高一億円の旅行傷害保険など、ブラックカードに引けを取らない基準があると言われているために、非常に審査が厳しく必ずしも発行されるということは言えません。

ダイナース・ブラックカードのインビテーション

ダイナースのブラックカードは、ダイナースクラブカード・ホルダーに、ある日突然、ブラックカードが送られてきて、利用する承諾の意思をダイナースに伝えれば、保有者となれます。インビテーションの基準は明らかにされておりませんが、一般的に噂される風評では、ダイナースクラブカードの利用実績、収入額、資産額によって選定しているといわれています。厳しい審査を経て保有者となったシルバーカードよりも更に厳格な選定をクリアしたブラックカード保持者には、周囲の高い信頼を得ることになります。同居している家族にも、6枚まで無料でブラックカードを発行してくれます(年会費も無料)。

インビテーションである招待制の基準

また、ダイナースのブラックカードは、ダイナースクラブカード保持者に、ある日突然に、ブラックカードが送られてきて、利用する承諾の意思をダイナースに伝えることによって保有者となることができます。インビテーションである招待制の基準は明らかになってはいませんが、巷で噂される評価では、ダイナースクラブカードの利用実績や収入額、資産額によって選ばれているといわれています。そして、厳しい審査を経て保有者となり、シルバーカードよりも更に厳格な審査をパスしたブラックカード保持者には、周囲の高い信頼を得ることになり、同居している家族の方にも、年会費無料で、6枚まで無料でブラックカードを発行してくれます。

ダイナース独自の方針

巷では、ダイナースのブラックカードは、他社に比べてサービスが少ないなどとよく耳にしますが、これは、ダイナース独自の方針なのか、やたらとサービスのシステムを向上せず、年会費の負担を軽減しているからとなっているのではないかと言われています。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする