トップ >  初心者の為のブラックカード >  ブラックカード情報

ブラックカード情報

アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカード

ブラックカード情報についてお話いたしますが、本来は、クレジットカード会社が発行する黒色のカードの総称で、アメリカンエキスプレス(アメックス)が発行する、アメリカンエキスプレス(アメックス)センチュリオンカードのことをブラックカードと呼びます。ブラックカードは、一般からの申込は一切受け付けておらず、カード会社からのインビテーションである招待制で、アメリカンエキスプレス(アメックス)の上級カード保持者の中から、資産運用額や利用実績、年収など独自の選定基準から保有者が選ばれます。また、招待制の基準は公開されてなく、ブラックカードの発行が開始された、1999年からさまざまな経験談や取得情報が飛び交っている状況となっています。カード保持者のことを、センチュリオンホルダーとも呼び、ダイナースクラブプレミアカードもブラックカードと呼ばれています。

黒い輝きを放つブラックカード

アメリカンエキスプレス(アメックス)のブラックカードは、ある日突然みなさんの元へ送られてくるのですが、それはずっしりと重く、黒いバインダーを開いてみると中には気品を感じさせる、黒い輝きを放つブラックカードが入っています。このブラックカードには、既にご自分の名前が刻印されており、裏にサインしてアメックスへ電話をかけることによって、晴れてセンチュリオンホルダーとなります。

24時間対応のコンシェルジュサービス

また、アメリカンエキスプレス(アメックス)のゴールドカードの年会費は、1万円程度なのですが、ブラックカードは、数十万円と格段に高く、豊かな資産がなければ所有することすら迷ってしまうような金額となっています。そして、金額を上回る特典は数多く、24時間対応のコンシェルジュ・サービスでは、航空券やホテル、レストランの予約を、現在地から近場の希望する場所を割り出して対応してくれ、個人秘書を雇うことを考えてみたら、この年会費はそんなに高いものではありません。その上、ブラックカードを持っているだけで、航空券やホテルの客室の無償アップグレードサービスも受けられ、もちろんスタッフの対応も「VIP」扱いになることは間違いありません。

日本で発行を開始したのは2002年

アメリカンエキスプレス(アメックス)が、ブラックカードを日本で発行を開始したのは2002年のことで、まだ歴史が浅いのですが、アメリカンエキスプレス(アメックス)では、既に日本の富裕層の顧客を獲得しきったとされているようです。そのため、ブラックカードの新規取得人数は、減少している傾向にあるとされており、近年の金融恐慌によって、消費者の経済状況の安定に懸念を抱いていることもあります。もちろん、日本でも不動産業界への不安が囁かれ、事実仲介企業がいくつも倒産している状況なのですが、その反面に、地域によっては再開発によって、不動産投資に成功している新たな富裕層も出現していますので、こうして資産運用の実績を作り上げている方が、新たなるブラックカードの取得者になるのではないでしょうか。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ブラックカードの関連記事

ブラックカードに関する記事

ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする