山岡ユーロ破たん発言、藤村官房長官「不適切」

 山岡賢次・消費者行政担当相がユーロ破綻と中国バブル崩壊について語った件で、藤村修官房長官は6日午前の会見で、「不適切」だとして注意を促したという。

 この発言は、内閣府職員への年頭訓示で行ったもの。特に根拠を示すことなく、ユーロ破綻、中国バブル崩壊を指摘していた。

 藤村官房長官は「わたしも同席していた内閣府の会合でしたが、世界経済が厳しい中にあって危機意識を持って職務にあたるようにということを伝えたかった」と代弁した。

 しかし、「言いぶりについては誤解を招きかねない。不適切、十分発言に注意していただきたい」とした。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる