東京五輪ボクシング金、桜井孝雄さん死去

 東京五輪のボクシング金メダリスト、桜井孝雄さん(さくらい・たかお)が10日、食道がんのため死去した。70歳。

 千葉県香取市生まれ、中央大4年時に東京五輪に出場し、バンタム級で金メダルを獲得した。日本のアマチュアボクシング史上ただ一人の五輪金メダリスト。卒業後は三迫ジムからプロデビューしたが、世界タイトル獲得はならなかった。

 プロ通算戦績は30勝(4KO)2敗。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる