グーグル増収増益も市場予想を下回る

 米インターネット検索最大手グーグルが19日発表の11年年10~12月期決算で、売上高は前年同期比25.4%増の105億8400万ドル(約8160億円)、純利益は同6.4%増の27億500万ドル(約2120億円)となった。ただ、事前の市場予想を下回ったことで、時間外取引では株価は下げている。

 ネット広告事業が相変わらず好調。しかし、純利益の伸び6.4%と一ケタにとどまったことで、その点で市場予想を下回った。また、昨年6月に開始した、SNSの「グーグル+」はユーザー数が9000万人まで増加し、約60%が毎日利用しているという。

 同社はほぼ毎期のように、アナリスト予想を上回ってきたものの、今回は競争の激化による利益率低下があったためか予想を下回った。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる