二本松市の高線量マンション、東電「適切に対応」

 福島県二本松市の新築マンションで高い放射線量が検出された問題で、枝野幸男経産相が東京電力に賠償を指示する意向を示したことで、東電は20日は「損害に対しては適切に対応してまいりたい」とした。

 マンションから計測された高い線量は、福島県内で採れた建築資材の石が現状では原因とされているが、福島第一原発事故との因果関係があれば、東電に対して賠償の指示を伝えるという。二本松市の三保恵一市長が枝野経産相との会談で話した。

 現在はマンションの建設の経緯や、流通ルートなどを詳しく調べているところだが、東電は「放射性物質が混じり込んでいると考えられますので、適切に対応してまいりたい」とした。

 また、東電は今後も因果関係のあるところについては、賠償をしていくことを示した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる