元UBSトレーダーが公判で無罪を主張

 スイス金融大手UBSにトレードで23億ドルの損失を与えたとして、詐欺などの罪に問われた同行の元トレーダー、クウェク・アドボリ被告(31)の公判が30日、ロンドン地裁で行われ、同被告は無罪を主張した。

 NYタイムズによると、アドボリ被告は詐欺など4つの罪に問われており、有罪であれば懲役10年程度の刑期になる見通しだという。しかし、この日の罪状認否で、4つすべての罪について否定し、無罪を主張したという。

 次回の公判は9月3日に開くという。

 同被告は2008年から昨年まで、ETF取引で会社が許可しないトレードを行って合計23億ドルの損失を負わせたとされる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる