2012年は「資産は100%株で持て」

 米ブラックロックのローレンス・フィンク(Larry Fink)最高経営責任者(CEO)は8日、「資産は100%株で持て」という2012年の投資見通しについて、ブルームバーグTVに出演し述べた。

 フィンク氏は「(バーナンキFRB)議長は債券の利回りが低くなると発言しているようなもので、つまり債券は儲からないということだ」と語った。加えて「リターンを求めるなら、とにかく株式を買うことだ」と断言した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が議会証言をヒントに、そう結論付けた。証言は、現在の低金利政策をキープしていくという保守的なものだった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる