日経平均は反発し6円高

 13日の東京株式市場は反発し、日経平均株価は前週末比6.86円高の8954.03円で寄り付いた。

 ギリシャで議会が財政緊縮策などに関する法案を可決し、EUとIMFの支援を受ける方向に進みつつあることで、株価の下支えとなっている。

 また、東京外国為替市場のドル/円相場は、1ドル=77円70銭台で推移している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる