関電の高浜原発3号機停止で、運転中は全国2基へ

 関西電力は20日の夜、高浜原発3号機(福井県高浜町)の定期検査のために原子炉を停止する。

 これで、関西電力は原子炉11基すべて、また西日本のすべてが止まる。運転中は、全国で柏崎刈羽原発6号機、泊原発3号機の2基だけとなる。

 関電によると、21日からの定期点検のために20日夜から停止して、検査に入るという。

 3月の電力需要と供給について、需要2459万キロWに対して、供給力2297万キロWとなり、需給ギャップはマイナス162(6.6%)となる。引き続き節電を呼び掛けるとともに、九電、中電などからの融通で乗り切る。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる