探検ドリランドのレアカード不正複製が問題化

 ソーシャルゲーム大手グリーは、ゲーム「探検ドリランド」のレアアイテムが不正に複製されてインターネット上で高額取引されている件について、トレードなどカードの移動を停止させる措置を取った。中には、数千万円稼いだ者もいると見られ、問題は拡がっている。

 探検ドリランドの「メイチェリ」と呼ばれるレアアイテムが複製されて、インターネット上で売却されていた。そして、1枚数万円、高いもので数十万円で取引されていた。これが、先日、複製の方法がネット上に流出したことから、事が発覚した。

 即座に運営がトレードを停止するという事態に発展した。思わぬ問題が発覚したが、もしも、複製方法がネット上にアップされていなければ、発覚はもっと遅くなっていたかもしれない。

 この日の東京株式市場で、グリー株は嫌気されて5%以上の下げに見舞われ、前週末比146円安の2228円まで売られる場面があった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる