大物ファンドマネージャーがNYメッツ所有か

 米著名ヘッジファンドマネージャー、スティーブ・コーエン氏が、米大リーグNYメッツの株式2000万ドル分を購入を近く完了することが23日わかった。

 メッツ関係者が米NYデイリーニュースに匿名で語ったところによると、共同投資家たちが認めればコーエン氏はオーナーになるという。

 ただし、コーエン氏はLAドジャースの入札にも参加しているために、もし、ドジャースの買収に成功すれば、メッツ株は売却する意向だとしている。

 メッツは前オーナーが、バーニー・マドフ事件に関与し、当局から球団を担保に差し押さえられている。また、ドジャースは前オーナー夫妻が離婚のために売却する必要性に迫られている。

 コーエン氏のヘッジファンド運用会社SACキャピタルは、コメントを拒否している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる