ノーベル化学賞の田中氏が東大客員教授に

 島津製作所は18日、2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一フェローが東京大学医科学研究所の客員教授に就任したことを発表した。

 田中氏は医科学研究所の疾患プロテオミクスラボラトリー顧問に就任。質量分析を用いたタンパク質翻訳後修飾の解析手法の開発と、その医科学研究への応用を医科学研究所と共同で行っていくという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる