ソフトバンクに900Mhz帯を割り当て(総務省)

 900MHzの電波を巡る問題で、総務省は29日、ソフトバンクモバイルの開設計画を認定することについて電波監理審議会に諮問し、適当という旨の答申を受けた。

 これは、テレビ放送の地上デジタル移行で900MHz帯が空いたために、ドコモ、KDDI、ソフトバンク。イー・アクセスが申請を行っていた。審査の概要によると、得点では、ソフトバンク9点、イー・アクセス8点、NTTドコモとKDDIがそれぞれ5点だった。

 ソフトバンクはこれまで、iPhoneの電波状態が悪いとされていたが、念願のプラチナバンド獲得で、シェア拡大に追い風となることは間違いないだろう。


iPhone4S

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる