1億円寄付のアンジー、さすが影響力No.1セレブ

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使を務めている女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが19日、パキスタンの難民救済のために100万ドル(約1億円)を寄付していたことがわかった。

 アンジーは18日に米ニューヨークで行われた「世界難民の日」(6月20日)のイベントに出席し、貧困の撲滅や寄付を呼びかけた。

 アンジーは、フォーブスの最も影響力のあるセレブの最新のパワーランキングで1位。2001年から、親善大使を務め、発展途上国を訪れて滞在し、難民と交流するなどの活動を熱心に行ってきた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる