IBMのクイズ王「ワトソン」がシティへ

 IBMは、クイズ番組で王者となったコンピューター「ワトソン(Watson)」が米銀行大手シティグループの顧客データ解析業務にデビューすると発表した。

 ワトソンは昨年、米クイズ番組で公にデビュー。チャンピオンを破って優勝して視聴者を驚かせたが、シティでは、クライアントデータの解析に力を発揮し、ポートフォリオ管理など適切な顧客提案のためのデータを処理する。

 ワトソンはIBMの創業者である、トーマスJワトソン氏の名前にちなんで名づけられた。97年にチェス王者と戦ったディープ・ブルーに次ぐプロジェクトになる。様々な業界での応用が可能だとされており、このたびウォール街進出を果たすことになった。


クイズ番組に出演した「ワトソン」(中央)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる