おしりが大きすぎて解雇のモデルが事務所に勝訴

 オランダの美人モデルが、所属モデル事務所から「おしりのサイズが大きすぎる」という理由で解雇されたのは不当だとして、事務所を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、アムステルダム地裁は、事務所に対してモデルに慰謝料を支払うことを命じた。

 モデルはAnanda Marchildonさん(25)で、2008年にオランダで有名なモデルオーディション番組の優勝者として、世界でも大手のモデル事務所エリートモデルと3年契約を結んだ。

 英デイリー・メールによると、事務所側が92センチから90センチに2センチのサイズダウンを求めていたという。ちなみに2010年3月23日の計測時には、98センチだったという。

 ただし、モデル業界では必ずと言ってもいいほど論争になっているのが、太り過ぎか否かという点。ブランドはより細いモデルを要求してくるのは半ば、常識化している。事務所の言い分もその点だった。

 原告は2012年から活動を停止している。


公式フェースブックより

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる