東大合格者1位開成、海陽13人

 東京大学の前期入試合格者ランキング(10日午後7時時点)を週刊朝日3月23日号が発表し、1位は開成高校(東京、193人)だった。31年連続。合格者数も昨年から29人増と大躍進した。

 同誌の分析によると、開成は2次試験受験者は昨年よりも減少しているというが、同校の定期試験と同じ問題が2次試験の国語で出題されたことが、躍進の背景になるとしている。

 また、今年の特徴としては、初めて卒業生を送り出す海陽(愛知)が13人の合格者を出している。英イートン校を参考に、エリート教育を標榜し2006年にスタートした。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる