カナダ高級住宅街が中国の若者に買い占められた

 若い中国富豪が約1000万元(約1億3000万円)で、カナダの高級住宅街が広がるウエスト・バンクーバーに豪邸を購入し、ここでの取引最高額を記録しているという。海外に家を買う中国富豪の低年齢化が進んでいる。

 地元メディアによると、若い中国富豪が購入したのは、カナダのウエスト・バンクーバーにある土地面積4000平方メートルの豪邸で、プライベートゴルフ場やバスケットボール場がある他、室内プールも整備されている。その額は1280万元(約1億6800万円)で、ウエスト・バンクーバーの最高取引価格を記録した。

 現地の不動産業者によると、豪邸を購入する華僑のうち、9割が40歳以下だという。

 ウエスト・バンクーバーは、中国人移民や留学生が多い都市の一つで、現地に留学してきた富豪の子供が、豪邸を購入する数も増えている。

 このところ、90年代生まれ、つまり二十歳やそこいらの若い中国人留学生が1000万元近くを支払って、豪邸を購入している動きがあるという。中国富豪は子供を海外留学させる人が多く、そのために不動産を購入する傾向にあり、今後もそうした動きは続きそうだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる