レッドブル生みの親死去 89歳

 清涼飲料水「レッドブル」を開発したChaleo Yoovidhya氏が亡くなったことが、19日わかった。89歳。

 地元メディアによると、Chaleo Yoovidhya氏は17日にバンコク市内の病院で、老衰のため亡くなったという。

 総資産は推定40億ドルで、タイではナンバー1の大富豪。しかし、この30年ほどはマスコミにいっさい登場しておらず、素顔はヴェールに包まれている存在だ。

 中国系の移民の子孫として、製薬会社を起こし、1970年代からエネルギードリンクの開発を始め、レッドブルを開発。トラックの運転手に無料で配布して広めていった。

 現在はF1の自チームからワールドチャンピオンを輩出したり、サッカーのNYレッドブルズを所有するなど、国際的な知名度も高い。

 Chaleo Yoovidhya氏は経営の一線を退いており、長男が会社経営にあたっているのだという。


Chaleo Yoovidhya氏(フォーブスより)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる