アルバックが世界最高性能の薄型太陽電池を量産?

「アルバックは太陽光を電気に変える変換効率で世界最高性能の薄膜型太陽電池を量産できる一貫製造システムを開発した」と日経新聞が23日付け紙面で報じたことをうけ、アルバック株は反発し、前日終値から260円高の2830円となった。

 報道によると、7月から販売を始め、中国、台湾、インドなどの市場を開拓し、2010年6月期に09年6月期実績に比べ約3倍の受注1000億円を目指す、となっている。

 アルバックは報道に対して、「当社として公表したものではございません」と否定した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる