トヨタ自動車14年ぶりの大政奉還で豊田章男社長

 トヨタ自動車は23日、定時株主総会で取締役29人を選任し、その後の取締役で豊田章男副社長の社長昇格を決定した。これで14年ぶりの“大政奉還”となった。 

 章男氏はトヨタ創業者の豊田喜一郎氏の孫、章一郎名誉会長の長男にあたる。この日、愛知県豊田市で開催された総会は、経営陣は業績悪化、減配などをおわびし株主に出直しを誓った。新生トヨタの行方に注目が集まっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる