城崎温泉で有名な兵庫県豊岡市が副市長を一般公募

 城崎温泉で有名な兵庫県豊岡市が副市長職を公募している。40歳以上の有能な人材を民間から広く集めて、市政運営にあたってもらおうというもの。26日には東京で説明会を開催する。

 豊岡市は兵庫県北部に位置し、町村合併により県内一面積の広い市となった。人口は約9万人。城崎温泉があり全国的に知名度が高い。また、古くからコウノトリを禁猟とするなど縁も深く、近年はコウノトリを人工繁殖させる事業にも取り組んでいる。

 副市長制度は平成19年から地方自治法の改正によって始まったもの。それまでは明治時代以来、助役だった。従来の助役は市長の補佐、事務の監督などが主な仕事だったが、副市長は従来以上に政策を実行する能力が求められている。

 問い合わせは、豊岡市総務部職員課(0796・23・1326)。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる