年収1億円以上の役員は84人(25日時点)

 東京商工リサーチは25日、2012年3月期決算企業で6月25日時点で確認された役員報酬1億円以上を受取った役員は44社、84人に上り、1位はセガサミーHDの里見治氏が6億1700万円で最高だったとの集計結果を発表した。

 3月期決算上場企業2508社のうち604社が提出し、すでに44社が1億円以上の報酬役員を輩出。現時点では里見氏がトップだが、2012年3月期は、前期の役員報酬最高額(9億8200万円)だった日産自動車のカルロス・ゴーン氏が、10億円超えを確実視されている。

 6月25日時点では、里見氏に次いで、エイベックス・グループホールディングスの松浦勝人氏が3億7800万円、ミスミグループ本社の三枝匡氏が2億4600万円と続いている。

 また企業別では、三井物産、ソフトバンク、住友商事、伊藤忠商事が5人で最多となった。


カルロス・ゴーン氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる