年収日本一孫正義氏、田中将大投手が宮城県2位

 週刊現代(7月21・28日号)が特集「日本の大金持ち1000人」の中で、東日本の高額所得者のランキングを作成しており、1位はソフトバンク創業者の孫正義社長で年収約93億円9600万円であることがわかった。

 これは、12年3月期の連結決算から期末配当を5円から35円増配し1株あたり40円にしたことが大きい。これで、孫正義社長の配当金は、約11億円から約93億円となるからだ。

 有価証券報告書によると、孫氏は2億3161万4000株(2011年3月時点)保有しており、約93億円となる。
 ◆高額所得者ベスト10(東日本編)=敬称略
1 孫正義  93億9600万円  ソフトバンク
2 柳井正  51億円     ファーストリテイリング
3 岡田和夫 36億円     ユニバーサルエンタテインメント
4 元谷外志雄33億円     アパグループ
5 伊藤雅俊 31億8100万円  イトーヨーカ堂
6 斉藤一人 30億円     銀座まるかん
7 佐治信忠 24億6000万円  サントリーHD
8 里見治  23億6000万円  セガサミーHD
9 山田昇  23億5000万円  ヤマダ電機
10重田康光  21億2600万円  光通信

 また、都道府県で見ると面白い傾向も出ている。プロ野球楽天の田中将大選手は23歳にして、約5億3000万円を稼ぎ、宮城県2位に。タレントみのもんたさんは約4億3000万円で神奈川県4位になるなど著名人の活躍も目立つ。さらには、この調査で医師は全体の3割を占めたという。


孫正義氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる