日経平均じり高、ルック、明和産業買われる

 週明け6日の東京株式市場の日経平均株価は買い支えられて8700円台で推移し、じり高の展開が続いている。

 業種別では、石油関連株や、自動車株、鉄鋼株、銀行株、証券株などが値上がり率上位となっている。

 また、個別では、ルックが、上半期の業績予想を上方修正発表したことを受けて、前週末比82円高の587円まで買われる場面も。東証1部銘柄の上昇率では上位となっている。

 また、「K氏銘柄」と言われるように、思惑買いから明和産業も連れ高となっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる