家計消費支出が16カ月ぶりに増加

 総務省は30日、5月の家計調査を発表し、一世帯当たりの消費支出が28万5530円であることがわかった。実質で前年同月比0.3%の増加で昨年1月以来、16カ月ぶりの増加となった。

 その大きな要因はエコポイント制度にあると見られている。これによって、テレビへの支出が前年の2.45倍と急増。また、新型インフルエンザの流行でマスクやうがい薬などが増加したが、その一方で、パック旅行費は国内、海外ともに減少した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる