水戸参院議員がFXで136万円の利益

 民主党の水戸将史参院議員(神奈川)が、FXで約136万円の利益を得ていたことが2008年の所得報告書でわかった。朝日新聞が報じたが、現職の国会議員がFX取引をして取り上げられるのは異例。

 報道によると、水戸氏は、為替に関する政策も審議する参院財政金融委員会の委員。昨年3月7日、200万円の証拠金で1ドル=102円で2000万円分のドルを購入。同8月に1ドル=108円で売却したのだという。多くの投資家が市場から去っていくきっかけとなった昨年9月のリーマン・ショックを前に、売り抜けるという絶妙のタイミングの取引だった。レバレッジは10倍ということになる。

 政治家では、かつては資産3700億円でフォーブスの億万長者ランキングにも出てくる糸山英太郎氏や、ハマコーこと、浜田幸一氏は株式投資で有名。

 水戸氏は2007年に当選し1期目。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる