マイケルさん20の偽名を使い分け借金

 米ポップス歌手、故マイケル・ジャクソンさん(享年50)が、ローンを借りる際に20もの偽名を使って借りていたことが6日、わかった。

 コンフィデンシャル・ファイナンシャルや関係者によると、本名ではローン審査に通らなくなったために、ファーストネームには「Micheal」もしくは「Micheel」の文字を使い、ミドルネームやセカンドネームをいくつも変えていたのだという。

 マイケルさんにとって最後に残されたカード会社の信用枠は450ドル(約4万3000円)だったという。

 相続5億ドル(500億円)の遺産の存在が言われるようになったマイケルさん。ほかにも過去に出した、CDやDVDは爆発的な売れ行きを見せるなど、亡くなってから金銭的な苦しみから解放された格好だ。あとは遺族たちが、醜い遺産相続争いをしないことを願うばかりだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる